カタログスタンドで絶好調の経営|やっててよかった広告宣伝

会社案内制作のポイント

パンフレット

新規取引先開拓の切り札

一般の消費者を対象とした業種と比べて、他の企業など法人相手のビジネスは営業が楽なように思われがちです。特に教育機関や医療機関などに対する法人営業は安定した需要が見込めるイメージもあります。その半面、企業が業績を伸ばしていくためには新規取引先の開拓も不可欠です。いつも決まった相手と取引している企業や法人に対して、新規参入企業が食い込んでいくのも容易ではありません。そんな取引実績のない相手に認めてもらうためには、何よりも信頼を得ることが大切です。まずは自社の魅力や実績をアピールする必要があります。そうは言っても、まだ信頼を得ていない相手に対する法人営業の現実は厳しいものです。訪問先の担当者が忙しくて話も聞いてくれないということは珍しくありません。そんな厳しい営業活動をサポートしてくれるのが、会社案内などのパンフレット類です。担当者が多忙で時間が取れない場合でも、会社案内を渡しておけば後で見てくれる可能性があります。その会社案内パンフレットの出来が平凡では、せっかくのチャンスを逃しかねません。相手の印象に強く残るようなパンフレットを作れるかどうかに、法人営業の成否がかかってくるのです。

印象に残る会社案内とは

会社案内パンフレットの構成には定石的なパターンも見られます。表紙には社屋や工場などの外観写真やイメージ画像がよく使われ、キャッチコピーやキーワードで注意を引きつけます。企業理念を紹介するページや代表挨拶のページも欠かせません。代表的な商品やサービス内容・業務内容を簡単に紹介するページが続き、沿革や会社概要で締めくくるパターンが一般的です。こうした会社案内の定石を抑えつつも、写真や図表などを効果的に使うことで相手の印象に強く訴えることができます。そのためにもパンフレット制作に優れたレイアウトとデザインは不可欠です。読む人の視線の動きに合わせて視覚的要素を配置することで、自社のアピールポイントも効果的に伝わります。レイアウトを自社で考えることも可能ですが、誰もが洗練されたデザインセンスを持っているわけではありません。その点で広告物の印刷を専門とする業者はパンフレット制作のプロとも言えます。そうした専門業者に依頼することで、会社案内パンフレットもデザインから印刷まで一括委託できるのです。レイアウトのプロが仕上げた会社案内パンフレットを使えば、新規取引先開拓の法人営業も成功確率が高くなります。