カタログスタンドで絶好調の経営|やっててよかった広告宣伝

会社案内制作のポイント

パンフレット

企業が業績を伸ばしていくには取引先の開拓が欠かせません。特に法人相手の製品やサービスを扱う業種にとって、取引実績のない相手への法人営業には高いハードルがあります。そんな営業活動をサポートしてくれるのが会社案内パンフレットです。広告制作のプロに依頼すれば、デザインに優れた会社案内を作ることができます。

もっと見る

オフライン広告の有効活用

チラシスタンド

必要とする所に届く広告

オフライン広告が見直されています。現代ではインターネット広告が普及しています。不特定多数に広告するのにはふさわしい反面、情報を必要としている相手の所に確実に届くのか、今一つ手ごたえの物足りなさがあることも事実です。そこで従来からのティッシュ配り、チラシ、カタログスタンド等のオフライン広告が見直されているのです。その中でもカタログスタンド広告には根強い人気があります。ティッシュやチラシ配りは、多くの人に配れますが、本当にサービスや商品を必要としている所に配るのは大変です。受け取る人が目を通すか心配もあります。カタログスタンド広告であれば、店頭に設置するだけで宣伝効果があります。興味がある、情報を必要とする人が自ら足を運んで取っていくので、確実に届きます。配布する人件費を抑えることもできます。カタログスタンドは手軽な割にダイレクトに情報を伝えられる手段と言えるでしょう。

何を選びどこに置くか

カタログスタンドを設置するにあたって気を付けることもあります。まずどんな物を選ぶかです。幅や高さ、機能、収容量、デザインなどに違いがあるので、ふさわしいものを選んで置く必要があります。設置する場所が屋内か屋外かなどの要素もあります。また、スタンドは丈夫なので意外と見過ごされがちですが、スタンド自体の手入れも必要です。カタログが立派できれいでも、収納しているスタンドが手入れが行き届かず汚れていたりすると、印象が悪くなってしまいます。普段から手入れをしておく必要があるでしょう。カタログスタンドを単に設置するだけでなく、目的に応じて工夫すると広告効果が増えます。アピールしたいものを目立つ位置に持って来たり、手書きのポップを付けて説明したりと、様々なやり方が考えられます。アイデアに行き詰ったら専門の業者に相談するのも良いでしょう。インターネット上にはカタログスタンドを扱うお店が多数あり、様々な商品があります。積極的に活用すれば良いスタンドが見つかります。

お店の経営

看板

看板を有効活用することで集客率を上げるメリットがありますが、こだわりがあったり、インパクトを重視すると費用が掛かるので注意が必要です。また、看板が必要なときにオンラインショップを活用することで時間をかけずに作製できるメリットがあります。

もっと見る

会社とオンラインストア

旗

お店の経営にはお金がかかるので、のぼりを安く製作してくれる会社に依頼をする方が増える見込みがあります。オンラインストアの場合は遠方に住んでいる方や費用を抑えたい方に適しています。そのため、事前にサービス内容や料金を調べたうえで利用することをおすすめします。

もっと見る